代表的なバストアップのツボをマッサージする方法

当サイトイメージ画像
バストアップのツボ
ライン

バストアップをしたい、またはバストアップできなくバストが下垂しないように 張りを戻したい!なんて常に思ったりしていませんか?

バストアップにはたくさんのツボがあります。

その一部をご紹介いたします。

★ 天谿(てんけい)
★ 神封(しんぷう)
★ 渕腋(えんえき)

などがあります。

天谿(てんけい)

このツボは乳首と同じ高さにあって、乳房の輪郭のわきに位置
しています。また骨と骨の間なので押すと軽く痛みがあります。

このツボは左右両方にあり、乳房を上へ上げる感じで内側へ
向けて親指で軽く押してください。

痛みを伴う所でもある為に、強く押さないようにしましょう。

このツボを刺激することで、乳腺を刺激して形を整え張りのある乳房にする効果があります。

ツボを押すだけでバストアップするわけではありません。

ツボを押すタイミングや時間、それとどんな状態で押すのが
良いのか考えて見ましょう。

まずお風呂上がりの、筋肉や脂肪が柔らかくなって、心も
リラックスした状態が一番効果があると思います。

敷いて言えば保湿液をつけ、バストアップマッサージを取り入れながらの やり方ももっと効果が上がる要素になりますね。

しかしあまり長い時間をさけ、5~10分程度で良いと思います。

毎日時間のある時にでも試して見てくださいネ。

>>バストの様々な悩みの解決法


神封(しんぷう)

女性のバストは脳の下垂体からで出る、「性腺刺激ホルモン」
「女性ホルモン」などが刺激されることで大きくなることは
ご存知かと思います。

このことを利用して、神封(しんぷう)のつぼを刺激して
バストアップをはかります。

神封(しんぷう)は左右のバストの間で真ん中よりやや乳房よりで乳首の横の 線上より少し下側に位置しています。

このツボを刺激することにより、女性ホルモンの分泌を促し
バストアップは勿論肌に張りが出て形の良いバストを保つ効果や、
全身の老化防止、または母乳の出をよくする効果もあります。

美容やバストアップ効果、若返り効果など女性にとっては
嬉しいツボではないでしょうか。

または心疾患などにも効果があると言われています。

刺激する事が、ホルモンバランスを良くしてくれるのです。

バストも若々しい張りのある大きさが期待できそうですね。

>>女性ホルモン バストアップの関係


渕腋(えんえき)

渕腋(えんえき)のツボは、押して刺激を与える事も大切ですが、簡単な筋トレを入れて 両方で行う事で効果が現れてくるのです。

渕腋(えんえき)は乳首からだいたい10センチくらい外側の
腋の下に位置しているツボで押すと軽く痛みを伴います。

ここのツボは、バストが下垂しやすいのを予防する事が
できるのです。

しかしただツボを刺激すれば良いのでは無く、軽い筋トレが
必要になってきます。

どうしても女性は背筋や腹筋が弱くなって行きますよね、
すると自然に姿勢が悪くなってきます。

前屈みになると、バストも下垂ぎみになり形までもが
崩れてきます。

できるだけ胸を張り、背筋を伸ばすように心がけて欲しいと
思います。

このツボを刺激する事により、バストに張りが出てきます。

この場合ストレッチを取り入れた体操、背筋や大胸筋を鍛える事でより効果的に バストアップができるのです。

そしてさらにツボに刺激を与える事で乳腺にも張りが出るように
なり、同時にストレッチを加える事で張りのあるバストと垂れない
バストアップができるのです。

バストは乳腺と脂肪で出来ています、大きい人と小さい人では
重みが違ってきます。

大きい人は肩こりをしたりしています。

バストの重みを支えているのは背筋と大胸筋です、
ここを鍛える事でかなりのバストアップ効果が期待できます。

それと同時にツボを刺激してみてくださいね。

>>簡単な筋トレでバストアップ!

ライン

スポンサード リンク


▲ PageTop

スポンサード リンク


スポンサード リンク